YOGA-紗世

YOGA-紗世ブログ

活動実績やお客様の声など、近況をお伝えしていきます。

看護師さんがママ目線から行う! 0歳からのカゼに負けない体づくり教室を作ったのは?

2019.06.17

Pocket

西東京市 ひばりヶ丘 駅徒歩4分             産後ケアや産後教育を                             専門とする看護師をしています。           看護師さんが                             ママ目線から行う!           0歳からのカゼに負けない                                                       体づくり教室を作ってのは?                                                                       どうして、こういう健康について             の教室を作ったのか?                               ベビーマッサージもそうですが、             触れ合いがもたらすものは、                     人から愛されているとやっぱり、             生きる力が湧きます。                             だから、私はベビーマッサージに           こだわりを持ってます。                               子どもを観察する目や手を養う!             触れ合うことで子どもの変化に               気付きやすくなります。                               子どものちょっとした変化に気づく事は 子育てのヒントになります。                       0歳からの                                 カゼに負けない体づくり教室                                                 この教室は去年、                                         私がビジネスプランを始めて                 作った時に考えました。                           でも、私が長年、                                   必要と感じていたからです。                     我が家の娘は                                           生後7ヵ月ごろの時、                                 その日は日曜日で軽くお出かけをして、 家のソファに座っていると娘も隣に来て、                                                         隣に座って私に笑いかけて来たのですが、                                                           その時の顔がトロンとして、やばい‼️ と、感じました。                                           すぐ熱を測ると37度台後半!                   これから夜にかけて上がる⤴️と               覚悟したのですが、                                 こんな熱は始めて、                                 生後3ヵ月で復帰した時、                     一度だけ37度後半の熱がでて、                 すぐに小児科に行ったらクスリがでて、 次の日にはケロッと治っていて?             ただ、熱がこもっていた???                   と、思ったことはありましたが、           今回は目が違いました。                         アレルギー児だったので、                       すぐにお風呂に入れて暖かくして寝ましたが、                                                       熱は上がります。                                     結局、私は朝まで寝れず、                       その頃は病院🏥の小児科勤務だったので、                                                           朝を待って電話!                                       すると偶然にも小児科の                             ベテラン看護師さんが夜勤明けでいました。                                                               事情を話し、勤務は休ましてもらいましたが、                                                         38度台後半まで熱が出てたので、怖い!   と言ったら、                                             早めに来て小児科の前にいたらいい!       家にいても怖いでしょと言われ、           納得。                                                     解熱用の前にもらった                             座薬があったのですが、                         夜に使う勇気がありませんでした。         娘はアレルギー児なので、                         もし薬でアレルギーが起こったら、、、 急いで小児科に                                       始めての突然の高熱!                                 おそらく突発性発疹!だろうとの事。   熱が下がって発疹がバーッと全身に出れば、                                                         突発と言われました。                                   突発性発疹は高熱のわりに                       機嫌のいい熱といいますが、                 みんな機嫌がいい訳じゃない。               でも、私はぐったりしている娘に             納得がいかず、                                           帰宅後も座薬を使って                                 熱が下がってもぐったりの娘に、、、       本当に突発???                                       と、その夜は悲惨でした。                   高熱で座薬は8時間起きにしか使わないので、                                                           まだ使えないのに熱は上がります。           幼い脳は高熱で熱性痙攣前の                     ピクつきが見らました。                         ピクつきが起こるので、                         寝ることも出来ず、                                   痙攣が起きたら救急車!                         と思い。                                                     スマホに熱型表、                                     ボールペンを並べ、                                     子どもをひたすらガン見!                     でも、痙攣は起こらず、再び受診。           必死で様子がおかしい。                         突発性発疹は納得がいかない。                 違うと思う。と、、、                               今考えたら自分の勤務している               小児科によく言ったと思います。             まだ、若い大学の先生だったのですが、   困りながらも、疑いのある検査を             してもらいました。                               すると、娘は喉からアデノウイルス!         いわゆるプール熱だったんです!                   ウイルスに効く薬はないので、               今まで通り対症療法ではすが、                   原因がわかってよかったです。                           保育園で ものもらい が             流行っていたらしく、                   娘は丁度なんでも口に入れる月齢だから、                   喉に来たようです。                             数日後には熱が下がり、                   離乳食も再開!                     0歳の頃、耳鼻科と小児科に通う日々、                   早めに通うので、感染して免疫力をつけて、                   でも、熱になる前に治す。                           これをひたすら繰り返し、               1歳になる頃には免疫力も高くなり、               滅多に熱を出さない子になりました。                           だから、たまに熱が出ると             何年振りって感じで、                 娘は今までにない感覚で大騒ぎ、、、。                         でも、こんな風に私が対応できたのは、               病気に対する知識があったからです。                               保育園看護師の勤務時代も             園児に熱が出ると呼び出しの               電話をかけるのですが、                 かけると職場の人が”またですか?”と、、、。                     そんな事を言われたらママもたまらないし、                 こっちも、、、。                                 どんな職場⁉️ってなります。                           ちょっと鼻水が出だした。                       咳が出だした。                         子どもが喉が痛いという。                 ごはんが飲み込みずらそう。                         機嫌がいつもと違う。                               触れたら熱がこもってる。                             体の暖かさがいつもと違う。                           表情がいつもと違う。                               夜泣きをする。                               声が違う。                             元気がない。                               これも、いつも見ているママだから                       感じることが出来るサイン!                           仕事をしているから、                 休んで迷惑をかけれないからこそ、                                 観察する目、感じる目、手で感じとる。                           早めに対応する。                         保育園で勤務していると、                   なんでもっと熱が出る前に                   病院🏥にいかないの?                           と、感じます。                         知識があればこそ、                 予防や早期発見につながるし、               観察力も身につくと思います。                             仕事をしているママだけではないです。                             主婦をしているママだって、                   子どもの健康は願うもの、                 知識をもっとママに持って欲しい。                           そんな思いから                   看護師さんがママ目線から行う!                 0歳からのカゼに負けない体づくり教室                 〜子どもを育てるベビーマッサージ〜                 を作りました。                                
 
太田マタニティクリニックで
ベビーマッサージ教室を行っています。
 埼玉県 狭山市と日高市からすぐ、                   智光山公園公園のバス停の真ん前にあります。                              
           
 
⭐︎水曜日の午後、
13:00ベビーマッサージ教室、
14:15ママヨガを行います。
子育ての相談、他のママや
赤ちゃんとの交流もできます。
日々の子育ての中であかちゃんと
一緒にリフレッシュしませんか?
ご参加をお待ちしております。
〒350-1223
埼玉県日高市高富46-7
参加費は
ベビーマッサージ 500円
ママヨガ               1,000円
参加ご希望の方は
クリニックへご予約をお願いいたします
レッスン後、赤ちゃんアートの
準備もしております。
お手持ちのカメラでの
撮影となります。
是非、ご利用ください。
イタリアンシェフのスイーツと飲み物がついてきます( *´艸`)
狭山市駅からバスで智光山公園で下車すると、道の反対側にあります。
本格的にベビーマッサージを学びたい方にオススメです。   ⭐️ベビーヨガインストラクター協会認定 ベビーマッサージインストラクター養成講座
{C34B2166-7012-4751-864C-6612A56CD876}
                     
ベビーマッサージインストラクター養成講座の                 お申し込み日程の選択肢に、                   森田紗世トレーナーを選択してください。                                   備考欄に希望日程をお願いいたします。  
                 
                     
※その他にベビーマッサージは                 訪問レッスン、                   出張レッスンを行っています。                                 1組からのプライベートレッスンから                   グループレッスンも可能です。                                 是非、お問い合わせをお待ちしております。
                       
    ※ご予約やお問い合わせは                       アメブロメッセージ、
                   
ホームページかメール、                     お申込みよりお気軽にお問合せ下さいませ。
                             
~私が目指す産後ケアは~
                               
現在、産婦人科を中心に                   宿泊型の産後ケアがすすめられています。
                               
私は在宅にいながら、                     通いで受けられる産後ケアを行っています。
                               
ママの心と体に注目した                 産後ケアだけでなく、                       子どもの成長や発達、                     健康に注目したパパもママも楽しく、                     幸せを感じながら子育てできる。
                           
そんな産後ケアを目指します。
                   
 看護師で                       産後ヨガインストラクター                   YOGA-紗世のホームページ