YOGA-紗世

YOGA-紗世ブログ

活動実績やお客様の声など、近況をお伝えしていきます。

生後3ヶ月のママ!離乳食を始めるタイミングについて

2019.02.22

Pocket

西東京市 ひばりヶ丘 駅徒歩4分 産後ケアや産後教育を専門とする 看護師をしています。   ブログではレッスンでのお悩み共有や情報を発信しています。
生後3ヶ月のママ!離乳食を始めるタイミングについて 今回は離乳食の開始する タイミングについてお伝えいたします。 最近のママは食物アレルギーを懸念して、 生後6ヶ月ぐらいから離乳食を開始する ママが多いです。 離乳食はミルクや母乳から 食物を食べるための口の動きや 食感、味を学習する大切な事です。 だから、赤ちゃんが 離乳食のタイミングにきているのに 離乳食を与えないでタイミングを逃すと 食物を拒否して ミルクや母乳以外を拒否して 一切の食物を取り込まず、 食物をスプーンに乗せて口に 入れても一切、口を閉じない! なんて大変な事になります。 保育園の看護師時代に ママが仕事が忙しく、 離乳食は遅くしたいと希望があり、 保育園でも他の子が 食べているのをみて すごく食べたそうにしていたのに ママの希望が強く 生後6ヶ月過ぎてからの 離乳食を開始したら 全く口を閉じなくなり、 食べる事を拒否して 暴れ、泣き、 ママは保育園に匙を投げる 保育士は手に負えず、 看護師の私に投げる! 2ヶ月間、みっちり、 離乳食を根気よく 少しずつ食べさせて、 やっと自分からほんの少し 取り込む様になっていきました。 本当に大変でした! 離乳食は本当にタイミングが大切で タイミングを逃すと大変と習いましたが、 本当に大変でした! 離乳食は ママやパパ! 家族がご飯を食べているのを見て 1、ヨダレが出たり欲しそうにする 2、体重が7キロ以上 3、首が座っている事 4、離乳食を食べる間、 ラックなどで座ってられる事 5、生後3ヶ月以上 など、全て当てはまっている事です。 新しい食品を食べさせるのは 日中の平日にして下さい。 アレルギーが起こっても 小児科外来に連れて、 行ける時間だからです。 あとは、ママが無理なく 続けていける様に! 工夫して下さい。 レトルトを嫌がる ママもいますが、 色々な食品の味を 知る事が出来ますし、 離乳食の進める時の形状の 目安になります。 有効に活用してみて下さい。
 
   
   ⭐️看護師が教える‼️ フランス式!ママの子育て負担を1/3にする 6ヶ月のパパママ学校❣️ ➕ベビマクラブ♣️ 写真で成長を感じる12ヶ月の産後教育!〜   産後ケアや産後教育を専門とする看護師をしています。   YOGA-紗世の ベビマクラブ♣️のレッスンを受けるたび ・赤ちゃんの事がドンドン分かるようになる❣️ ・赤ちゃんのカラダが理解できるようになる❣️ ・子育ての悩みが解決する❣️ ・悩んでいた子育てが楽しく前向きになる❣️ ・自分たちのライフスタイルにあった 子育てを見つけられる❣️ そんなレッスンをお届けいたします^ – ^ やり抜く力!好奇心!自制心! を育てていきます。 フランス式の子育ては 非認知的能力を育てます。 ・目標に向かって頑張る力 ・他の人とうまく関わる力 ・感情をコントロールする力 数字がわかる、字が書けるなどで 測れる力を「認知的能力」 IQなどで測れない 内面の力を「非認知的能力」 パパママ学校にご興味のある方は 下にあるお問い合わせやご予約からご連絡ください。 詳しくはホームページをご覧ください。 こちらからどうぞ!  
 
場所:スタジオα 西武池袋線 ひばりが丘駅 徒歩4分   〒202-0001 東京都西東京市ひばりが丘 1-5-17   042-444-3420   ※床暖房完備、更衣室あり、 広くて清潔なスタジオ、キッチンもあり ミルク冷やしも可能です。    
  ※ご予約やお問い合わせは アメブロメッセージ、ホームページかメール、 お申込みよりお気軽にお問合せ下さいませ。
 
 
 看護師でベビーマッサージインストラクターの YOGA-紗世のホームページ   HPhttp://www.sayosayoyoga.jp mailsayosayoyoga@gmail.com Blog: http://ameblo.jp/sayosayoyoga    
~私が目指す産後ケアは~ 現在、産婦人科を中心に宿泊型の 産後ケアがすすめられています。 私は在宅にいながら、 通いで受けられる産後ケアを行っています。 ママの心と体に注目した産後ケアだけでなく、 子どもの成長や発達、健康に注目した パパもママも赤ちゃんも楽しく、 幸せを感じながら子育てできる。 そんな産後教育を目指しています。