YOGA-紗世

YOGA-紗世ブログ

活動実績やお客様の声など、近況をお伝えしていきます。

生後3ヶ月の赤ちゃん、指しゃぶりすると歯並びに影響するからおしゃぶりにした方がいい?

2019.02.05

Pocket

西東京市 ひばりヶ丘 駅徒歩4分
               
産後ケアや産後教育を専門とする
               
看護師をしています。
         
ブログではレッスンでのお悩み共有や情報を発信しています。
               
生後3ヶ月の赤ちゃん、
               
指しゃぶりすると歯並びに
               
影響するからおしゃぶりにした方がいい?
               
と、ご相談をいただきました。
               
ベビーマッサージのレッスンに来ると、
               
喃語が始まったり、
               
指しゃぶりが始まったりします。
               
ベビーマッサージでは皮膚に直接触れ、
               
全身を触って行くので、
               
自分の身体はここまで繋がっている!
               
を教えていきます。
               
そう赤ちゃんは身体のいたるところが
               
自分の身体の一部ということを知りません。
               
だから、赤ちゃんは口でものを
               
認識するため、
               
口に色々なものをいれ、
               
舐めて認識しています。
               
指しゃぶりもこの為です。
               
だから、口唇期といって
               
発達段階の一つ目の行動です。
               
足の指もしゃぶったりします。
               
赤ちゃんが指しゃぶりしたり、
               
口にものをいれたり、
               
舐めたりしても
               
安全であれば、させてあげて下さい。
               
赤ちゃんの指しゃぶりが歯並びに
               
影響するのは歯が生えて、
               
3歳ぐらいが指しゃぶりの限界です。
               
また、歯並びは頭の形などでも
               
影響すると言われています。                   どこまで歯並びにこだわるかにもよります。
                                 
ただ、左右対称な人はいません。
               
どうしても歯並びにこだわる場合は
               
歯科矯正をお勧めいたします。
               
歯科矯正は大人の歯の前歯が生え揃えば、
               
前歯から順に歯科矯正は可能なようです。
               
今回の場合は生後3ヶ月の赤ちゃんです。
               
指しゃぶりからの歯並びはまだ、
               
考えなくて大丈夫です。
               
たくさん、指しゃぶりをさせてあげて下さい。
               
自分の身体の一部としっかり確認しています。